土用の丑の日というとうなぎを食べる夏の土用の丑の日だと思われていますが、実は年に数日あります。土用とは立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間のことをで、その中の丑の日(十二支の中の丑)を「土用の丑の日」と呼びます。

丑の日は十二支を1日ごとに割り当てていくので12日毎に1度回ってきます。
年によっては土用の期間に丑の日が2回くることもあります。

夏の土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が出来たのは、幕末の学者平賀源内が、夏場にウナギが売れないので何とかしたいと近所のうなぎ屋に相談されて、今日うなぎを食べると良いという意味で「本日土用丑の日」という看板を店先に出し、大繁盛したのがきっかけだとか。。。

[separator style_type=”shadow” top_margin=”10″ bottom_margin=”30″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””]

我が家は、おいしい出汁をとって、生わさびをおろして、いろんな味で、ひつまぶしを頂くことに・・・

ひつまぶし

どうせなら美味しい鰻を食べたいよね~って事で《日本橋 鰻 伊勢定》のうなぎ。
やっぱり美味しいね~♪

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です